優良サイトで出会える理由

優れている出会い系サイトですとだいたいの人は出会う事が出来ます。
出会うまでに時間がかかる事もありますが特別何かがなかったり悪徳なサイトと
比べると出会える可能性も高いですし早い段階のうちに出会う事ができるでしょう。
なぜだろう?と疑問に思う人もいますよね。それにはしっかりとした理由があります。

「優れているサイト」と聞くだけで他のサイトより安心感を持つことができるのです。
誰でも「悪徳」なんて言われているサイトでしたら利用してみようなどとは思わないですよね。
それに比べると「優れている」と言われているサイトの場合ですと女性も安心する事ができますので
たくさんの人が利用するのではないでしょうか。
男性にとってもそれほど慎重にならなくても女性とコンタクトを取ることが出来ますので
良いのではないでしょうか。

優れているサイトなのだから、そんなに悪い人はいないはずと女性は思いますのでそれなりに簡単に
出会うことができるのです。
ですが、やはり男性側が女性を安心させてあげる必要がありますがそんなに深く考えなくても
良いと思います。
そう考えると優れているサイトは男性にとって非常に使いやすいサイトなのではないでしょうか。

しかし調子に乗って一気にたくさんの女性にメールを送るのはあまりよくないです。
優れているサイトのランキングは、かなり動きが激しいですからたった1度でも信頼を無くしてしまう
ような事があった場合たくさんの女性がそのサイトから離れていってしまいます。
そうなると、そこのサイトは「優れている」と言えなくなるのです。

安心して利用できるサイトだという事とあなたにも安心感を持ってもらえるようにする必要があるのです。
そうすると上手く出会いをチャンスを掴むことが出来ますので、すぐに会いたいという気持ちを
表に出さないように気を付けるようにしましょう。

どちらにしろ「優れている」という言葉だけで女性が安心感を持ち利用している事は間違いないので
他のサイトと比べると男性に対して警戒心を持たずに過ごせているのです。
ですからサイトに対する安心感を利用して使いこなしていけば上手く出会えるのではないでしょうか。

サクラをメール内容で見分けよう

出会系サイトといえば、サクラ、というイメージがありますよね。
確かに、出会系サイトにはたくさんのサクラがいます。
中には、ほとんど全てサクラ、というようなとんでもない悪質サイトもあります。
入会用のボタンが男性側にしか用意されていないようなサイトですね。
このようなところには登録しないように注意しなくてはいけません。
一方、ほとんどの出会系サイトには、サクラもいれば普通の女性会員もいます。
そういうところに登録した場合は、登録者のうちの誰がサクラで誰が一般のユーザーなのか、
ということを判断する目を養うことが非常に重要になってきますね。
そもそも、サクラはどのような目的でメールをしているのでしょうか。
それは、相手にお金を使わせる、ということですよね。
ですから、サクラは基本的にメールの返信が早く、どんどん会話をしようとしてきます。
それから、質問が多いのも特徴です。
これも、相手に返信をさせるためのテクニックなんです。
また、サクラは相手の機嫌を損ねて返信がなくなることを恐れていますから、
基本的にこちらを否定したり悪いことを言ってくることはありません。
最後に、サクラは基本的にメールのやりとりをするだけで、実際に会うことはありません。
ですから、思わせぶりなことを言うだけ言っておいて、結局会おうとしなかったり、
いつまでもかたくなにアドレスを交換してくれないような相手は危ないと言えるでしょう。
中には、援助するから会って、などと言うメールを送ってくる場合もありますが、
こういったメールは完全に悪質サイトの手口です。
女性側がお金を払って男性に会うということはほとんどありえないからです。

ユーザーが自主的にサクラ化するケース

出会系サイトというと、悪質なサイトもあって、そういうところに登録すると、
サクラなどの詐欺行為でお金を巻き上げられるイメージがありますよね。
けれど、中には、サイト側ではなく、優良出会系サイトに登録をした悪質なユーザーが
他のユーザーを騙して詐欺にあわせることもあるんです。
これはどういうことかというと、ポイント制出会系サイトに多い事例なのですが、
一般の女性会員が男性会員とメールをすると、キャッシュバックがあるところがあるんです。
これはなぜかというと、男性からのメールを待つばかりで自分からは動かない女性会員が
多いために導入されたシステムで、そもそもはサイトが活発に動くようになることが目的です。
けれど、これを逆手にとって、ユーザー側がキャッシュバックを主な目的にして
男性会員にメールを送るということが発生してしまっているんです。
これはつまり、出会うつもりのない一般のユーザーが、自主的にサクラのようなことを
していることがある、ということなんです。
真面目に出会いを探している男性ユーザーにとっては、たまったものではありませんよね。
中には、男性が女性会員として登録をして、このキャッシュバックを目的に
やりとりをしているケースまであるようです。
こうなってしまうと、完全に詐欺目的ですよね。
サイト側はサイトが活発に動く、という目的自体が達成されれば、それ以外の、
本当に会う気があるのかないのか、といったところまでは干渉してきません。
ですから、取り締まりを求めてもほとんどが無駄に終わってしまいます。
このような詐欺にあわないためには、注意深くサイトを利用するようにして、
相手に出会うつもりがなさそうだ、と思ったらさっさとやりとりをやめたり、
キャッシュバック制度のないサイトを選んだりする対策を撮りましょう。

バツイチ

バツイチだったら恋愛するといろいろな所で悩んでしまうものがあります。
筆者も結婚しているのですが、もし離婚してしまって、バツイチになったら次の恋愛をする事はできないかなぁと思ってしまいます。
やっぱろ人は独身と既婚者と知れば、恋愛をする相手だったら独身者の方が当然良いですよね?
バツイチだって恋愛したくても、一度結婚して失敗していると思うと相手は何で失敗したのか気になるようになり、距離を置いてしまうんですよ・・・。
だからバツイチの人が恋愛をするとなると、とても難しい事になります。
ましてや女性の人は結婚すれば、子供がいると思います。
まだいないなら次の恋愛もできるかもしれませんが、子供がいるとなると、次にいく事も結構難しい事だと思います。
相手だって子持ちと知れば、大丈夫だよ!とか言いながら内心は困っていると思います。
自分の子じゃないですし、ちゃんと面倒を見てくれるかもわかりませんからね・・・。
最近の男性は自分の子でもあまり見てくれない人が多いですし。

14歳女子中学生の出会系サイト体験談

私は14歳の女子中学生ですが、私の出会系サイト体験談をお話しします。
私が出会系サイトをはじめたのは今年の1月からです。
ケータイ専門誌に掲載されていた広告をみて興味本位で登録しました。
もちろん18歳として登録しました。
身分証明書はお姉ちゃんのものをこっそりと使いました。
そうしたら凄くたくさんのメールがきてビックリ!
内容は「やらせろ!」とか「デートしよう」とかばかり……。
そして考えたのが<黄色いハンカチ作戦>を友達と考えた。
返事はこうだ「私で良ければ会いますよ!×月20日14時に××駅前にあるモニュメント像の前で黄色いハンカチを持って待っていてください。私は白いハンカチを右手に持っています」というメールをコピペして送った。
当日はその待ち合わせ場所に友達たちを呼び寄せて高みの見物だ。
中学生の制服だから絶対にバレるはずがない。
そうしたら続々と男たちがやってきたて全部で14人だったから大笑いだ。
14人の男は全員黄色いハンカチを持っているからお互いに牽制したり隠したり。
中には出会系サイトを使って<ウリ>している女子もいるようです。
中学生ならばマックスで20万円もらえたりするらしい話が噂になっている。
まあ、私には関係ないけれどね。
結局出会系サイトは遊びだけだったけれど一人の男性とは会ったよ。
あまりにも真面目なタイプでしばらくメールのやり取りを続けたあと「デートしたい!」と言われたので了解した。
当日制服で行ったものだから相手の男性は凍り付いていたね――大学院生で25歳ぐらいだった。
「中学生だよね」と聞かれたから「そうだよ!ファミレスで何かご馳走してよ」と言った。
私はマンゴーサンデーとチョコレートパフェを食べながら、彼のファッションの駄目な点だとかを教えてあげた。
一番お洒落を楽しみたい時期にユニクロなんて無いからね!

Copyright© 2010 本当に出会えると評判の出会系サイト All Rights Reserved.